まずはお電話にてお問い合わせください。 tel.0800-170-1118 受付時間 10:00 ~ 18:00(水曜日定休)

一宮市 注文住宅 リフォーム
〒494-0015
愛知県一宮市西中野字下中野207-1
TEL:(0586)69-6162
FAX:(0586)69-2477
営業時間:10:00 ~ 18:00(水曜日定休)

Copyright©HOSODA KENCHIKU DESIGN.

BLOGブログ
HOME > blog > 石井 萌華 > エアコンの使い方にも要注意

エアコンの使い方にも要注意

みなさんこんにちは(^o^)/

愛知県一宮市・稲沢市を中心に

自由設計×高性能×低価格な注文住宅を建築している細田建築です。

 

気温が40度を超えるなど猛暑日を迎え、エアコンは生活に欠かせないものになっています。
しかし、快適な生活にしてくれるエアコンにも落とし穴が潜んでいます。

エアコンの冷たい風にあたり過ぎたり、室内を冷やしすぎたりすると、体に良くない影響を引き起こす可能性が出てきてしまいます。
そのような症状を冷房病と呼ばれています。

 

冷房病とは

冷房病は、冷房が効きすぎている室内にいたり、暑い室外を何度も行き来しているうちに、自律神経のバランスが崩れ、体にさまざまな不調が起こることをいいます。

気温差に体が付いていけなくなると、だるさや頭痛、腹痛、下痢、便秘、女性の場合は生理不順などさまざまな体調不良が生じてしまいます。

対策として

冷房病の対策は、体を冷やさないのが一番です。
カーディガンなど羽織るものやひざ掛けを用意したり、冷房温度を低くし過ぎないことも対策の一つです。
エアコンの設定温度は、室温との温度差が5℃以内にすることがポイントです。
真夏でも、26~28℃に設定にし、扇風機で風を回すなどするとより快適に生活をすることが出来ます。

 

室外が暑いと室内はとても温度を低くして涼しくしたいと思いがちですが、そうすることによって体に不調が出てきてしまうこともあります。

また過度な我慢も熱中症を起こす原因にもなってしまいます。
そうならない為にできることから工夫して暑い夏を乗り越えていきたいですね。

 

 

The author

石井 萌華

総務/事務
石井 萌華Momoka ishii

家は人生で一番長く過ごす場所、一番大きな買い物だと思います。そんな大切な家を、お客様の理想の家にするお手伝いができることを嬉しく思っています。お客様と直接の関わりは少ないですが、皆さまが笑顔で過ごしていただけるように、全力でサポートさせていただきます!

Copyright©HOSODA KENCHIKU DESIGN.