「夏涼しく、冬暖かい、省エネルギーを意識したお家とは?!」

2021年3月11日

みなさんこんにちは!

愛知県一宮市・稲沢市を中心に

自由設計×高性能×低価格な注文住宅を建築している細田建築です!

 

春に差し掛かってきておりますが、まだ朝晩は冷え込みますね。

私は毎朝、起床してから仕事着への着替えが、一日の中で一番憂鬱です。

 

夏涼しく、冬暖かい「断熱性能」が高い家にするため、壁や天井に断熱材を入れることは、皆さんご存知かと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、家の中で一番熱の出入りが多いのは、なんです!

窓は住宅の造りの中で開口部となっており、窓の断熱性能を上げることがとても重要なんです!

 

これまで窓の枠は、アルミを使用してました。

アルミの窓枠は、軽くて腐食に強いところ、加工もしやすくコストも安いことが、メリットです。

その反面、熱伝導率が良いため、断熱性能は悪かったのです。

窓枠の温度が屋外の気温に近い為、結露してしまいます・・・

 

しかし、「もっと快適に、もっと省エネルギーな家を建てられないか・・・」

と窓のメーカーさんが年月をかけて開発をしていきました。

たどりついた窓枠が『アルミ樹脂』というものです!

 

 

アルミ樹脂の窓枠のメリットは断熱性能が高いことです。

樹脂の熱伝導率はなんと、アルミニウムの1000分の1なんです!

窓枠部分の結露も無くなりますので、カビの心配も無くなります。

また、アルミ樹脂の窓枠はカラーバリエーションが豊富なため、外観や内観のアクセントにもなります!

涼しく、冬暖かい、快適で暮らしやすい家づくりの参考にしてください^^

一覧へ戻る