ブログ

2019年9月10日

永井の知っ得その⑪~上棟式~

みなさんこんにちは!未だ猛暑の勢いおさまらず!!☀☀☀

毎年顔に染みが増していく工務の永井です(;^ω^)

 

前回の「上棟」upから時間が経ちすぎてしまいましたが

本日は「上棟式」についての更新をしようと思います!Σ(゚д゚lll)

 

さて、弊社ではささやかではございますが

上棟日当日の職人さん方の作業終了後にお施主様を交えて、

式を執り行わせて頂いております(´・ω・)ナニヤルノー

内容としては

一つ目は上棟札の棟上げです!

 これが上棟札です!

家の中で一番高い場所にかかげ、家の上から家主を守ってくれます(´・ω・)

 

次に四方固めを行います

敷地や建物の東西南北の四方の隅を鬼門から時計回りで、酒、塩、米で清めます

 

そして木槌仕上げです

大工さんや鳶さんが家の形を形成し最後の仕上げの一打をお施主様に打って頂きます

昔は家の一番高い棟までお施工主様が登り釘を打っていたそうです!( ゚Д゚)

今では安全性の面からそこまではやらなくなってしまったようです

 

最後にお施主様、棟梁、細田建築スタッフで集合写真を撮影して閉会となります

ここから約4ヵ月、家の完成まで色んな業者さんがバトンを回しながら

お施主様の夢を形にしていきます(´・ω・)

責任をもって良い家づくりを全うしたいと思います!!

お引渡しが今から楽しみです(>_<)!!!!

 

一覧へ戻る