家づくりに使われる木材って何がちがうの?

2021年4月3日

みなさんこんにちは!

愛知県一宮市・稲沢市を中心に

自由設計×高性能×低価格な注文住宅を建築している細田建築です(*´▽`*)

 

先日、開花したばかりの桜の花もすでに散り始め、場所によっては、葉桜が目立つようになりましたね!

個人的には、風で舞う桜の花びらを見るのも、春の一つの楽しみです♪(*´ω`)

 

さて、本日は家づくりに使われる木材についてご紹介します!

 

 

木材の優れた特徴としては…

・断熱性が高い
・温度を調節する効果がある
・温かみがあり、視覚と触覚からストレスを和らげる効果がある
・香りに気持ちを安らかにする効果がある

 

木材は建築材として優秀なだけではなく、リラックス効果があったり、快適さも得られる素材なのですね!!

 

家づくりに使われる木材には様々な種類がありますが、それぞれの特徴に合わせて使い分けられます。

 

【スギ(杉)】

一般的な住宅で多用される杉は比較的安価で、香りに防虫効果があります。

柔らかみがあり、柱や梁などの構造材やフローリング、内装や外壁、デッキ等に幅広く使用されます!

 

【ヒノキ(檜)】

ヒノキと言えばヒノキ風呂♪♪

水に強くて強度に優れているため、浴槽以外に扉やフローリング、柱や梁にも使用されます。

木肌がきめ細やかで美しく、高級木材として扱われるヒノキの香りには防虫、防菌効果があります。

 

【クリ(栗)】

秋の味覚として代表格の栗の木は、耐久性に優れていて水にも強く、家づくりにも最適!

硬質で虫害に強いので、柵や階段、土台として使用されています。

 

【チェリー】

比較的安価で反りが少なく、狂いが少ないことから鴨居や敷居、フローリングに使われます。

虫害にも強く、磨くと光沢が出る木材です!

 

 

それぞれの木材に様々な特徴がありますね♪

そして細田建築の家づくりは、主にヒノキを使用しております♪(*´ω`)

 

ヒノキをふんだんに使った高品質×低価格な家をご覧になりたい方は、来週10日(土)・11日(日)開催の弊社見学会へぜひお越しください(^^)

事前予約制ですので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください♪(*’ω’*)

詳しくはこちらからご覧ください

 

一覧へ戻る