無垢材の魅力

2021年3月15日

みなさんこんにちは(^o^)/

愛知県一宮市・稲沢市を中心に

自由設計×高性能×低価格な注文住宅を建築している細田建築です。

 

最近、無垢材を使う事が増えてきたなと思う様になりましたが、皆さま“無垢材”はご存知でしょうか。

 

例としてフローリングを挙げてみますが、一般的なフローリングは、基本となる合板の上に化粧板や木目のついたシートを張りつけた物があります。

 

無垢材フローリングは、単一の木材からカットした一枚の板の事を言います。

 

もちろん標準のフローリングよりも追加費用が掛かってきてしまうのですが、“木”特有の温かみのある空間にする事が出来ます。

 

コチラはレッドパインという無垢材です。

 

レッドパインは欧州赤松の事をさしており、日本の赤松とも若干の色味の違いがあります。

 

松(パイン材)にも色々な種類があり、それぞれ色味が白っぽい色だったりやや赤みがあったりしております。

 

 

こちらは、天井に先ほどのレッドパインを使用しているお部屋です。

床と天井に使用するのでも、何となく印象が変わりますね。

 

床材にはナラを使用しています。

ナラは無垢材の中では、耐久性・耐水性に優れており、水回りのキッチン等でも安心して使用する事が出来ます。

 

使用する材料によって色合いや風味が変わり、お部屋の印象もガラッと変化していくので無垢材は奥が深いです・・・。

 

無垢材の床は、経年の変化として色味が変化していきます。

貼りたての綺麗な見た目も良いですが、経年で変化していく色艶を楽しむのも面白いですよね。

 

一覧へ戻る