鉄筋完成しました

2021年1月25日

皆さんこんにちは😊

久しぶりの雨ですね。

冬の雨はすごく冷えますが、最近はまた暖かくなってきたのでそこまで寒く無かったですね。

ただ来週末に向けてまた寒くなるようなので油断されないようにしてくださいね。

 

 

今回は先日組みあがった鉄筋の様子を報告させて頂きます。

こちらです。

そしてコンクリートを流し込む前にいろいろチェックを行っていきます。

 

まずは鉄筋のピッチです。

こちらはベース部分の鉄筋ですが指示通り150ピッチで組んであります。

ベタ基礎の重要な部分になります。

他にも立ち上がりの部分のピッチなども確認を行っていきます。

 

その次は被りをチェックしていきます。

鉄筋の下にはコンクリートのサイコロが置いてあり、それによって鉄筋の下にコンクリートがしっかりと流し込まれるようにします。

その際には所定の厚みが確保されているかを確認します。

こちらはベースの下部分になりますが6cm取れているのでOKです。

他には外周部なども鉄筋が湾曲などしていないことを確認します。

まっすぐ鉄筋が通っています(^o^)

こちらもOKですね。

 

またその際に一緒に確認を行っておきたいのが水道屋さんのスリーブです。

このようにパイプを通しておくことによってコンクリートが固まった後に配管を通せるようにしておきます。

これが入っていないと…

こちらも所定の位置に入っていることを確認します。

 

そうしたら最後に忘れていけない鎮め物です。

地鎮祭の際に神主さんからお預かりした鎮め物。

こちらを基礎の下に入れることによって悪しきものが下から上がってこないようにします。

 

また鉄筋のチェックは第三者機関も入ってダブルチェックになります。

こちらの検査にも合格しないといけません。

これらすべて完了しOKでしたら晴れてコンクリートを流すことができます。

 

住宅の構造や基礎について気になられた方はぜひ細田建築の見学会へお越しください。

一覧へ戻る