憧れの書斎室

2020年10月18日

みなさんこんにちは(^o^)/

愛知県一宮市・稲沢市を中心に

自由設計×低価格×高性能な注文住宅を建築している細田建築です(/・ω・)/

長い間、伸びっぱなしだった堤防の草が、今年も刈り終えいよいよ本格的な秋を感じます♪

秋と言えば読書の秋、そこで本日はあったら嬉しい【書斎】についてお話ししたいと思います!

そもそも書斎とは読書や書き物をするための部屋のことで、特に男性には大人気のお部屋です。

 

2帖や3帖でも十分のスペースで読書、勉強、仕事に集中して取り組めます。

さらに自分の好きな色で統一したり、好きなものを配置したり、オシャレにしてみると落ち着きすぎて、ずっと書斎にいたくなるかもしれませんね(笑)

 

では家づくりで書斎を取入れた方は、どんな雰囲気の書斎にしているのか見てみましょう。

こちらは壁紙に暗めのグレーと床、棚、小物にアンティークな雰囲気が出る色を使い、落ち着いた空間を演出した書斎になっています。読書が捗りそうです♪

 

こちらはカウンターデスクが広めにとられており、書き物がしやすく雰囲気はどこか米津玄師を連想させます(笑)

正面の壁紙が好きな色だとテンションが上がりますね(´・ω・)

こちらは可動棚を設けて棚の自由度を上げた書斎です。

 

やはり書斎の雰囲気はの集中力が上がるように全体的に暗めです。椅子や小物を置くとさらに雰囲気がでます。

 

いかがでしたか?

注文住宅だからこそ取入れられる「書斎」。

よく書き物や読書、家でお仕事をされる方は、書斎で過ごす自分の未来像をイメージしながら…どんな書斎にしたいのか、ぜひ一度考えてみてはいかがでしょうか?

一覧へ戻る