カタログでは分かりづらい気になるポイント~システムバス編~

2020年7月20日

弊社標準仕様のシステムバス「リラクシア」のカタログでは、イメージしづらいポイントを写真付きでご紹介致します。

これらは、打ち合わせなどでもよくご質問を受ける点になります。

 

こちらが弊社標準のお風呂“リラクシア”です!

広々としており、リラックスできそうですね☺

気になるポイント!

浴槽の排水はどうなってるの?

このように、浴槽の端についているボタンを押すだけで、浴槽底の蓋が開き排水を行うことができます!

私の実家はゴム栓のため、蓋をつないである栓がブラブラと揺れて気になるのですが、これならスッキリと納まりますね!

 

あると安心、浴槽ハンドバー

こちらは、浴槽横についており、入浴の際に滑って転倒してしまうような事態を防ぐことができます。立ち上がる時などに利用すれば、身体への負担も軽減されて、とっても便利な仕様ですね!

 

ランドリーパイプつき

弊社標準内で、ランドリーパイプが1本付いております。

また、浴室暖房乾燥機も標準でついているため、雨の日など屋外に洗濯物が干せない場合にはこちらを利用してください☺

 

シャンプーやせっけんなどはここを利用しましょう!

鏡の横には収納棚が写真のように3段ついています。正面の水洗下と水栓上にカウンターがついていて、収納箇所はとても多いんです!

収納棚は3段ついていますので、ご家族で場所ごとに使い分けてもいいですし、個人で使うものは収納棚へ、みんなで使うものはカウンターなどへ、色々な使い方ができますね!

 

タオル掛けはこんな感じ!

タオル掛けは写真のようなものが付くのですが、まず見た目がスタイリッシュでかっこいいですね!

触ってみると、壁面固定式で非常にしっかりとしています。

こちらは、通常シャワー側につきますが、反対のドア側に取り付けることも可能です!

シャワーホースは丈夫な素材で!

シャワーホースはメタルホース仕様が標準になっています。樹脂ホースにも変更可能ですが、私はこのメタルホースをおすすめしたいです!

その理由が、まずメタルホースの方がステンレス製のため、汚れが目立ちにくいという点、そして樹脂製よりも柔軟に曲がるという点、樹脂ホースのようにシャワー中にホースがポキッと折れてしまう事がない点です。

そして、樹脂ホースよりも高級感があります!

 

水栓レバーの仕組み

水栓はご覧のような形状となっています。

下にグッと下げると温度が下がり、温度を上げるときは上にあげるのですが、レバー下部のボタンを押しながらでないと上がらない仕組みになっています。これで、お子様が見えるご自宅でも安心ですね!

 

お風呂の照明はどんなの??

弊社の標準は天井付きスクエア照明といったものになり、白い光の白色、オレンジの光の電球色からお選びいただけます。

そして、ダウンライトも1灯付くのですが、どういった形でつくのかというのがなかなかイメージしづらいと思いますので、写真を撮りました!

シャワー側に全体を照らすスクエア照明、そして浴槽側のスクエア照明とは対角線上にダウンライトが付きます。

これで、お風呂の明るさは十分と確保できます。

 

 

今回は以上となりますが、他に気になる点などございましたら、ご質問をいただければお答えしていきたいと思います。

一覧へ戻る