まずはお電話にてお問い合わせください。 tel.0800-170-1118 受付時間 10:00 ~ 18:00(水曜日定休)

一宮市 注文住宅 リフォーム
〒494-0015
愛知県一宮市西中野字下中野207-1
TEL:(0586)69-6162
FAX:(0586)69-2477
営業時間:10:00 ~ 18:00(水曜日定休)

Copyright©HOSODA KENCHIKU DESIGN.

HOME > blog > 長谷川 皐月 > オシャレな空間を演出!?間接照明とは

オシャレな空間を演出!?間接照明とは

みなさんこんにちは(*’ω’*)ノ

愛知県一宮市・稲沢市を中心に

自由設計×高性能×低価格な注文住宅を建築している細田建築です!

 

デザイン性の高いお家が増えている最中、“間接照明”をお部屋に取入れる方も増えています!

オシャレな空間を演出できると人気の”間接照明”。

一体どんな照明のことなのでしょうか?

 

そもそも間接照明って?

 

間接照明とは、“光源となる照明器具から発せられる光が天井や壁面を照らし、その反射光を利用してお部屋を明るくする照明”のことを言います。

明るくしたいところを直接照らさず、間接的に明るくするので、間接照明と呼ばれています。

 

 

間接照明を取り入れるメリット

人気の高い間接照明ですが、その良さはどこにあるのでしょうか?

間接照明を取り入れるメリットとしては以下の3つが考えられます!

 

1、直接照明と比べて眩しさがない

間接照明は直接照明に比べて柔らかく、温かみのある光になるので、眩しさを感じにくくなります。

光にグラデーションができ、リラックスしたい空間にもピッタリです♪♪(*´ω`*)

 

2、お部屋に広がりを感じさせてくれる

間接照明を上手に活用すれば、室内に陰影や立体感を生み出し、実際よりもお部屋を広く感じさせてくれます!

 

3、空間のアクセントになる

天井に光が向かう間接照明なら、視線を自然と上に持っていくことができ、壁面を照らす間接照明なら、照らす壁自体を強調して空間にメリハリをつけることができます。

 

 

間接照明を取り入れるデメリット

間接照明を取り入れるメリットを紹介しましたが、取り入れるデメリットや注意点もやはりあります。

 

1、天井に高さが必要

天井に間接照明を取り入れる場合は、天井に高さが必要になります。

十分な高さが無いと圧迫感がでたり、間接照明のせっかくの効果が半減してしまいます。

 

2、天井や壁面が暗い色だと十分な明るさが得られない

暗い色は光を反射せず、多くを吸収してしまうので、間接照明だけでは十分な明るさが得られないことがあります。

間接照明を取り入れる場合には、天井や壁面の色も注意して選ぶ必要がありそうです。

 

3、照明器具の数が多く必要になる

照明器具の種類によっては部屋全体を明るくすることができず、十分な明るさを確保するには照明器具の数を増やす必要があります。

照明器具の数が増えれば、その分コストがかかってくるのも事実です。

 

 

*まとめ*

オシャレな空間を演出できるとあって人気の高い“間接照明”ですが、取り入れる際にはメリット&デメリットを十分に理解した上で、検討することが大切です♪(*´ω`*)

 

今週末、10月9日(土)・10日(日)開催の完成見学会では、“間接照明”を実際に取り入れたお宅をご見学いただくことができます!

お引渡し前の特別な見学会。

間接照明を暮らしにどう取り入れるのか、家づくりのイメージが湧いてくるかもしれません♪

 

https://www.hosoda-kenchiku.jp/archives/21496

↑上記画像のクリック、またはURLより詳細ページをご覧いただけます。

※事前ご予約制です

各日12組様限定(定員になり次第締め切らせて頂きます)

 

ご予約枠は残りわずかとなりますが、ぜひお気軽にお問い合わせください。

皆様のご予約、ご来場をお待ちしております♡(*‘ω‘ *)

 

The author

長谷川 皐月

総務/事務
長谷川 皐月Satsuki Hasegawa

「人はなぜ家を建てるのだろうか」と考える時、「“快適で幸せな暮らし”や“笑顔溢れる未来”を叶える1つの方法として建てる」いう答えが私の中で浮かびました。家づくりに対する考え方は、人それぞれかと思います。それでも、幸せな未来を想像して家づくりをしているという点は、きっと皆さん共通していますよね!十人十色の幸せな未来を彩る家づくり。ぜひお手伝いさせてください。

Copyright©HOSODA KENCHIKU DESIGN.