気になる家の通気のご紹介

2020年7月18日

みなさんこんにちは!

愛知県一宮市・稲沢市を中心に

自由設計・低価格・高性能な注文住宅を建築している細田建築です(^^)/

 

今日は、知っているようで知らない・・・お家の通気についてです!

断熱スペンサー

 

この段ボールは何でしょうか?

段ボールにも記載されていますが、屋根部分の下を吹付け断熱をする際に、通気を確保する為に垂木に留める段ボールで名前は断熱スペンサーと呼ばれています。

断熱スペンサー
断熱スペンサー

お家を建てる時に大工さんが屋根の野地板(ベニヤ板)を張る前に断熱スペンサーを垂木に留めて

屋根の通気を確保します。

吹付け断熱アクアフォーム

上の部分が屋根下の吹付け断熱後の写真となります。

 

断熱スペンサーと野地板(ベニヤ板)の間に隙間が出来て風が通気するようになります。

暑い空気は上に行くので屋根の1番高い箇所に棟換気材を付けて暑い空気を上から逃がします。

棟換気

 

お家にとって通気はとっても重要となります。

土台の下に土台パッキンを入れ基礎内に通気をしやすい環境にします。

 

黒色の物が土台パッキンと呼ばれている物で風道りを良くする事で基礎内をジメジメしないようにしてくれます!

軒天換気口

軒の暑い空気を外に逃がしてくれます。赤い印が軒天換気口(のきてんかんきこう)です。

 

壁の中です。サィディングを張る前に木材(ドウブチ)を打つ事によって壁の中も通気をするようになります。

お家の通気の流れ

1番下の部分から風が入り、壁を通って一番上の屋根部分から暑い空気が逃げるように棟換気から抜けます。

だから暑い夏も快適な暮らしが出来ます(≧▽≦)

 

いかがでしたでしょうか?

もっと知りたい!など気になった方は構造見学会も行っている

細田建築にお気軽にお問い合わせください(^^♪

一覧へ戻る