基礎の中身を丸裸にしましたΣ(゚Д゚)

2020年5月23日

こんにちは!
愛知県一宮市・稲沢市を中心に
高性能×低価格×自由設計の注文住宅を建築している細田建築です(^^)/

 

今日は基礎の中の鉄筋についてみていきたいと思います。

 

基礎の中でも鉄筋組は骨組みにあたります。

 

なのでしっかりと組まれていないと強い基礎になりませんΣ( ̄ロ ̄lll)

どのような点に注意すればいいのか見ていきましょう!!

 

 

まずこちらが鉄筋組の全景になります。

 

ところ狭しと鉄筋が組まれていますねΣ(・ω・ノ)ノ

 

もう少し近づいてよく見てみましょう。

 

まず基礎全体に鉄筋で床のように組まれていますが、

こちらがベタ基礎のベース部分の鉄筋になります。

 

その上に立ち上がっている鉄筋が柱や壁ができる場所の

立ち上がり部分の基礎になります。

 

これらは出来上がったプランをもとに、

基礎伏図を作成し、

鉄筋屋さんがその場所に鉄筋を組んでいきます。

 

 

ちなみにこの写真の真ん中にあるのは、

基礎の中に鎮めるお守りになります。

 

 

こちらの写真はベース部分の鉄筋の間隔を測っている写真になります。

 

一般的に最低20cm以下が普通ですが、

こちらは15cm間隔で組まれていますね(´・∀・`)

 

ちなみに立ち上がりの鉄筋は20cm間隔です。

 

 

こちらの写真は地面との間の間隔を測っています。

 

地面とは6cm以上鉄筋を離さないといけませんが、

こちらも問題なく離れていました。

 

ちなみにメジャーの横にコンクリートのサイコロみたいなものがありますが、

こちらが高さを調整するスペーサーとなっています。

 

そのサイコロの6cmになる部分を置いて確実に間隔をとれるようにしています。

 

 

こちらは基礎の外側との間隔を測っています。

 

こちらは土に接する部分で4cm以上離さないといけないですが、

7cmくらい離れています。

 

これらに加えて鉄筋同士のつなぎ目部分や、

コーナー部分などなどたくさん見る箇所があります。

 

それらを基礎屋さん、建築屋さんとさらに第三者機関がチェックを行います(*-ω-)

 

 

 

それがこちらの方で隅々まで見ていきます。

 

そうして最終的に問題がなければコンクリートの打設に進みます。

 

なかなか基礎の中を見る機会は少ないと思いますが、

基礎について気になった方は構造見学会も行っている細田建築に

お気軽にお問合せ下さい(*^▽^*)

 

一覧へ戻る