まずはお電話にてお問い合わせください。 tel.0800-170-1118 受付時間 10:00 ~ 18:00(水曜日定休)

一宮市 注文住宅 リフォーム
〒494-0015
愛知県一宮市西中野字下中野207-1
TEL:(0586)69-6162
FAX:(0586)69-2477
営業時間:10:00 ~ 18:00(水曜日定休)

Copyright©HOSODA KENCHIKU DESIGN.

BLOGブログ
HOME > blog > 長谷川 皐月 > 夏時期を快適に過ごせる軒と庇の役割

夏時期を快適に過ごせる軒と庇の役割

みなさんこんにちは!

愛知県一宮市&稲沢市を中心に

自由設計&高性能&低価格の注文住宅を建築している細田建築です♪(*‘ω‘ *)

 

さて、東海地方でも早々に梅雨明けが発表されましたね。

雨が降ってじめじめと蒸し暑いと思えば、さんさんと日差しが降り注ぐ30℃超えの真夏日もあり体調を整えるのも大変な時期です。。( ˘•ω•˘ )

そんな夏時期を快適に過ごすための住宅の工夫といえば、『軒』や『庇』

 

何となくイメージはするものの、その違いについてはよく知らない方も多いのでは?

今回は『軒』と『庇』の違いとその役割についてご紹介します♪

 

『軒』と『庇』の違いってなに?

よく似た役割を持つことから混同されやすい軒と庇ですが、そもそも『軒』とは外壁よりも外に出ている屋根の端の部分のことで、『庇』とは屋根とのつながりはなく、窓や扉の上部に独立して取り付けられた部分のことをいいます。

 

 

『軒』と『庇』の役割

軒は、建物を雨から守り強い日差しから家の中を守る役割をしています。

軒を深く設けることで夏は陽が直接部屋に差し込むことを防ぎ、暑さを和らげてくれます!

反対に冬は陽射しが低い角度で入ってくるので、陽を家の奥まで取り入れることができます。

 

 

庇は、窓や扉から雨が入り込むことを防いだり、日光が直接入るのを遮ったりする役割をしています。

庇がついていることで外壁に当たる粉塵や埃が少なくなり、雨の当たる部分も少なくなるため、外壁が汚れにくくなります。

また、陽が直接入らないようにすることで、カーテンの色あせや家具の劣化を防げたり、エアコンの効きが良くなったりするメリットも!

 

 

メリットも多い軒や庇ですが、軒を深くしすぎると部屋の中に光が届かず暗くなってしまったり、風の影響を受けやすくなったりするので注意が必要です!

効果的に取り入れて快適な暮らしが送れるようにしたいですね♪

 

The author

長谷川 皐月

総務/事務
長谷川 皐月Satsuki Hasegawa

「人はなぜ家を建てるのだろうか」と考える時、「“快適で幸せな暮らし”や“笑顔溢れる未来”を叶える1つの方法として建てる」いう答えが私の中で浮かびました。家づくりに対する考え方は、人それぞれかと思います。それでも、幸せな未来を想像して家づくりをしているという点は、きっと皆さん共通していますよね!十人十色の幸せな未来を彩る家づくり。ぜひお手伝いさせてください。

Copyright©HOSODA KENCHIKU DESIGN.