キッチンまわりを上手に収納するパントリーで解決🌟

2020年11月21日

みなさんこんにちは(^o^)/

愛知県一宮市・稲沢市を中心に

自由設計×低価格×高性能な注文住宅を建築している細田建築です(/・ω・)/

 

昨日の夜から、久しぶりに恵みの雨が☂

夜でも20℃超えの11月とは思えぬ暑さでしたね(;^ω^)

 

さて、本日は奥様必見!憧れのパントリールームについて、ご紹介したいと思います。

 

まずパントリールームとは…⁉

 

主にキッチンまわりにある収納スペースで、食料品や調理器具を保管しておくための場所です。

 

我が家でも、毎年実家から送られる米俵がリビングに露出しています..💦

飲み物や乾燥物など、買いだめしたくても置いておく場所がない…とお困りの奥様も多いかと思います。

そんな奥様のための収納が【パントリー】なんですね✨

上の写真は、キッチンの真横に1帖分のパントリーが設けられています。

 

飲み物、油、調味料、キッチンペーパーなどがストックされています♬

4段のL字カウンターで、スペースを惜しみなく利用して、とても使いやすそうです♪

こちらの収納はさらに上級者

高さを変えれる可動棚を利用した収納で、無駄なスペースがほぼありません!

こちらには野菜、ワイン、油、調味料、布巾などが見えます(´・ω・)

 

このようにキッチン収納やカップボードだけでは収まりきらないものがある場合は

パントリーを設けることによりキッチンまわりが散らからず、使いやすくなります(/・ω・)/

 

ただし、そこまで買い溜めしないご家庭やキッチン収納、カップボードで収まる量でしたら、いくら憧れとは言え、わざわざ床面積を広げてまでパントリーを作る必要はないですよね!

 

間取りを考える際には、現在使用しているキッチンまわりに、どんなものがあるのか?新しいキッチンやカップボードにそれは収まらないのか?

収まりそうにない場合、別でどのくらいの収納スペースがあればいいのかまで追求することが重要です。

 

パントリーを設けるなら、なんとなくの大きさではなく、実用性のある必要な分だけを考えてみてはいかがでしょうか?(/・ω・)/

一覧へ戻る