細田建築の標準はスゴイ!

2020年9月21日

こんにちは(^^♪
一宮市・稲沢市を中心に自由設計×低価格×高性能な注文住宅
建築している細田建築です。

 

今日は細田建築自慢の標準仕様について、その一部を紹介します(^^)/

写真映えするキッチンやお風呂!…ではなく、

基礎についての紹介です!(`・ω・´)

 

なぜ、そんな目立たないところをピックアップするの?

そう感じる人多いと思います。

家を買うときに目がいきがちなのは、価格であったり外観の見た目や内装の設備など、分かりやすくて目に見える部分が多いと思います。

基礎は一般の方から見るとよく分からない部分だし、家が完成すれば見えなくなる部分なので、目がいきにくいように感じます(´・ω・)

 

ですが基礎が丈夫でしっかりと造られていれば、それだけ丈夫で安心な家が建つということです。

と、いうわけで基礎について紹介しますね(/・ω・)/

これらが細田建築の標準の基礎になります(^^)

ベタ基礎と呼ばれるもので、建物全体を面で支える基礎の造りです。

このベタ基礎、地面からの湿気や害虫に強いという利点があるため木造住宅には頼もしい存在です(`・ω・´)

さらに!

基礎パッキン工法と言いまして、このように基礎内部の換気を図っています(^^)

今でこそ、この基礎パッキン工法はメジャーなものになりましたが、一昔前は基礎に大きく穴を開けてそこに柵をつける換気方法が主流でした。

この基礎パッキンは、とーーっても丈夫な素材の為、長年建物の負荷が掛かってもパッキンの変形はほとんどないのです!(`・ω・´)

 

このベタ基礎とパッキンによる換気で、いつまでも丈夫で強い基礎が、長年建物を支えてくれるんですね!

家が完成すれば見えなくなる部分ですが大事なベースである基礎もこだわりを持って造っています!(/・ω・)/

 

そんな細田建築の標準仕様をご覧になりたい方は、ぜひ次回の見学会へお越しください!(^^)

 

 

一覧へ戻る