窯業系サイディング…って何?

2020年8月24日

こんにちは!

愛知県一宮市・稲沢市を中心に

自由設計×低価格×高性能な注文住宅を建築している細田建築です(^^)

 

今日は外壁についてのお話です。

細田建築では【窯業系サイディング】というものを、標準の外壁材として使用しています!(`・ω・´)b)

 

…窯業?サイディング?…(。。?)

私、最初は何も分からず、窯業の読み方すら知りませんでした。

 

まずこの窯業は『ようぎょう』と読みます。

粘土などの鉱物質原料を窯(かま)で高熱処理して、陶磁器、セメント、瓦、レンガなどを製造する工場やその製品の総称を『窯業』と言います。

タカラスタンダードの水周りCMでお馴染みの琺瑯(ホーロー)も窯業ですね(。 ・ω・))フムフム

 

そして、サイディングとは外壁材の一種で近年主流な外壁材です。

主にセメント質と繊維質で構成されています。

 

そのサイディングの中でも、窯業系の他に金属系や樹脂系のサイディングも存在します。

ただ性能や費用のバランス面から、窯業系が主流です。

 

さて!窯業系サイディングの言葉の意味が分かったところで、いくつか種類を見ていきましょう!(`・ω・´)

この窯業系サイディングのメリットの1つに種類の豊富さが挙げられます。

 

まずこちら!レンガ調のサイディングです。

行った事ないですが地中海に建ち並んでいそうなオシャレな白レンガですね!(*´▽`*)

 

続いて木目調のサイディングです!

貼り分けて使うことでオシャレなアクセントになりますね(。 ・O・)

 

サイディングには金属板(ガルバリウム鋼板)のような見た目のものも存在します。

シックでカッコイイデザインが好き…という方はこの金属板調のサイディングが良いかもしれませんね(^^)

 

ほんの一例を紹介しましたが、窯業系サイディングの種類の豊富さや、その美しさが伝わったでしょうか?(^^)

それに加えて耐久性や耐熱性などの性能面でも高い評価を得ています。

外壁材の中で主流になっているのも納得ですね!(。 ・ω・))

 

家の表情をガラリと変える外壁材…外観をどんな見た目にしようかと、アレコレ悩むのも注文住宅の醍醐味ですね!

一宮、稲沢周辺で家づくりについて気になることがある方は、ぜひお気軽に細田建築までお問い合わせください!(^^)/

 

 

一覧へ戻る