現場ふらり旅♪

2020年8月22日

みなさん、こんにちは!

愛知県一宮市・稲沢市を中心に

自由設計×低価格×高性能な注文住宅を建築している細田建築です(^^)/

 

本日ふらりと立ち寄った現場ですが、先日上棟を行ったばかりの現場ですね~☆

まだブルーシートで養生がされている状態です(`・∀・´)

 

 

屋根の瓦はどうやら完了しているみたいですね

玄関先ではダイライトマンがお出迎えしてくれています(-ω-)/

 

 

このダイライトが外壁面全面に貼られています。とても強そうですね~~☻

今日は今週断熱工事が入るので、断熱では見えなくなる箇所をチェックしていきます。

 

 

こんにちは~~柱など木材がたくさん見えますね。

まだまだ建物の骨組みがしっかりと見ることができます。

 

ではまずは各金物をチェックしていきますよ~

 

 

まず玄関先にあったこちらは、ホールダウン金物と呼ばれる金物になります。

この金物は基礎と柱をつなぐ金物になります。地震や台風の際に柱が抜けるのを防ぐ目的に取り付けます。

 

 

次に見つけたのがこちらです。

筋交いの上下に取り付けられた筋交いプレートです。筋交いが柱にしっかりと固定されてずれたりしないように取り付けられています。

 

 

他にも羽子板ボルトなど、様々な金物が決められた箇所に取り付けられていました。

これらの金物が、構造計算に基づき取り付けられることによって、建物を強固なものにしていきます。

 

 

おぉ~サッシも取り付けられていますね( ´_ゝ`)

ではこちらもチェックしていきましょう。

 

 

ちゃんとまっすぐに取り付けられていました(^O^)/

これがずれてしまっていると鍵が閉まらなかったりするので非常に大事です。

ちなみにこのサッシは樹脂サッシですが、こちらの大きい窓などはすごく重たいです。なので一人で持たず二人がかりでつり込みを行います。

 

 

このような建物の構造について気になる方は、明日まで開催している細田建築の構造見学会へぜひお越しください☆

一覧へ戻る