ガルバニウム鋼板ってなーに??

2020年6月7日

こんにちは!

愛知県一宮市・稲沢市を中心に

高性能×低価格×自由設計の注文住宅を建築している細田建築です(^^)/

 

今日は主に外装に使用されているガルバリウム鋼板について説明をさせて頂きます。

 

ガルバリウム鋼板とは、、、

いわゆる昔のトタンですΣ( ̄ロ ̄lll)

 

うーん、

トタンというと皆さんあまりいいイメージが湧かないですか??

あくまでも大きく区切るとです。

 

実際はアルミと亜鉛などによってコーティングをされた金属板が

ガルバニウム鋼板と呼ばれます。

なので耐久性も問題ありません(`・∀・´)!

 

これらの大きな特徴として、

①非常に軽い

②加工のしやすさ

③ものによっては低価格

などが挙げられます。

 

 

なので屋根に施工したりするのに非常に向いています。

 

こちらは立平葺と呼ばれる施工ですが、

他にも横向きに葺いたり屋根に合わせてさまざまな加工、施工ができます。

 

ただこの時注意をしたいのが、

ガルバニウム鋼板の素材の厚さですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

皆さんのご想像通り材質としては非常に薄い素材となっています。

(おおよそ0.35㎜などの厚みが一般的かと)

 

なので屋根に使用する際は、

雨音が響きやすい、

屋根の熱が伝わりやすいなどがあります。

 

そういったことも検討される場合には頭においておいた方がいいかと思います。

 

また外壁に施工する場合は、

下の写真のように立てラインになるように貼っていきます。

 

 

ガルバニウム鋼板の独特なデザインを生かした施工が多くみられます。

 

またその特徴的な見た目の折り目ですが、

これらの大きさにも様々な種類があり、

希望される方も多数おられます。

 

 

このお家のように、

一色ですっきりとしたデザインなどにはもってこいですね(`・ω・´)b

 

ガルバニウム鋼板の施工について、

興味がある方、気になった方は

完成見学会を行っている細田建築にぜひお越しください(^o^)

 

一覧へ戻る