ブログ

2019年7月12日

ゆうちょ

皆様コンニチハ!

 

ここ最近は天気が優れませんね。

でも梅雨明けがもうすぐそこまできているような気配に

わくわくする今日この頃です。

 

さて私個人的に気になったニュースが最近報道されていまして、

「かんぽ生命の不適切契約問題」です。

 

若かりし頃は、保険や世論の話はあまり興味がなかったのですが、

30を超えてから世の中の動きが気になるお年頃になってきました(笑)

 

皆様もお馴染み?

カンポ…簡易生命保険の略称のことで、

日本郵政が受付や募集をしている保険ですね。

私の勝手なイメージですが、

「郵便局」って国のちゃんとした期間ってイメージが強いです。

10年以上前に郵政民営化はされたものの、

まさか郵便局が国民を騙すような行為はしないと思っていたのですが、

ニュースを見て色々と衝撃でした。

株価も下がり続けていますし、この事件はまだまだ広がりそうです。

 

…個人的に少し熱が入ってしまいましたが、

今回のニュースで私が感じたのは、

何となくのイメージだけで思い込むのは良くないなぁという事です。

 

先ほどの世間の動きに話を戻しますと、

20~30代の若い世代が家を建てるという動きが増えてきているようです。

これは建築業界の進歩によって、

質の高い家がお値打ちに手に入る世の中になってきているという事実があります。

 

でもそれと同時に自由に手に入る情報が多すぎて、

それこそイメージだけで家を決めてしまうケースもあるようです。

(かくいう私もイメージ先行派の人間ですが…)

 

情報が多すぎて何を信じていいか分からない!

なんて経験ありませんか?

 

そんなときは、やっぱりその道の

プロに直接相談するのが1番だと思います。

 

私たち細田建築も建築のプロです。

家づくりで何かお悩みの事がありましたら

いつでもご相談ください。

 

 

細田建築 営業

富居宏記

 

 

 

 

一覧へ戻る