寒い日はいろいろなトラブルにご注意を

2021年1月10日

皆さんこんにちは😊

年末年始と寒い日が続いていますね((((;゚Д゚))))

今日は成人式でしたがコロナの影響もあって自粛のムードが高まっており、どこか寂しい感じがしますね。

早くコロナの恐怖が過ぎ去ってくれると嬉しいですね。

 

そんな中これだけ寒い日が続くとお家にもいろいろなトラブルが起こる可能性があります。

 

まず一番気を付けたいのが配管の凍結です。

よく寒い日の朝に外の水道を使おうと蛇口を回しても凍ってしまって水が出ないなんてことがよくありますよね。

あれは配管には非常によくない状況です。

水よりも氷の方が体積が増えるので配管が膨張し破裂の恐れがあります。

ソース画像を表示

特に使用してない箇所などはバルブを閉めて水を抜くなどして下さい。

また水を留められない箇所はしっかりと配管に断熱材などをまいて少しでも凍るリスクを下げて頂くことをおススメします。

 

特に給湯器周りなどは要注意です。

エコキュートなど、理由があり使用していない場合は絶対に水抜きを行わないと場合によっては使用できなくなる恐れもあります。

よくわからない方は水道屋さんをお尋ねください。

 

また給湯器のリモコンにこのようなエラーコードと呼ばれる数字が表示される場合があります。

ソース画像を表示

こちらは給湯器のどこかに異常を検知した場合に表示されるコードになります。

 

これらは取説やネットでも簡単に調べることができますが、場合によっては修理等が必要になる場合があります。

 

その内容によっては日数がかかる可能性もあるので、お湯がそれまで使用できなくなるかもしれません。

ですのでエラーコードが出たら速やかにメーカーの修理受付へ連絡をして下さい。

もしくは施工店や水道屋さんでもOKです。

対応が早ければ早いほど復旧の時間も早くなります。

 

今の寒い季節は、お湯が使えなくなると非常に不便ですよね。

もしトラブルが起こっても焦らずに対応をして、早い復旧を行えるようにしてください。

そのためには、普段からどこに連絡をすればいいのかをわかるようにしておくと便利です。

 

皆さんもしっかりと把握、対策を心掛けてください( `・∀・´)ノ

一覧へ戻る