ブログ

2019年6月13日

ブロック工事

こんにちは! 施工管理の大鹿です。

今日はブロック工事の紹介をしていきたいと思います。

ブロック工事は防犯対策や隣地との境、デザインなどでもかかせない工事ですね。

ブロック工事は単純にブロックを積んでいくようにも思えますが目に見えないブロックの中や土に埋まっている基礎(ベース)があるので見た目以上に大変な工事です。

流れとしては掘削工事といってブロックを施工していく部分の基礎に合わせて掘り下げていく工事になります。

次に土を取り除いた地盤は柔らかい土が比較的に多いので砕石を敷いて転圧をかけていきます。振動を与えて土を固めていくことによって強い地盤になります。

この後、型枠と鉄筋を組んでコンクリートを流していきます。固まるまで数日時間がかかります。基礎が完成してようやくブロックの施工の方に入っていきます。

後は想像がつく方もいらっしゃるかと思いますが、ブロックにモルタルを載せその上に重ねていきます。ここから職人さんの腕のみせどころでブロックを綺麗にならべていくところなので高い技術が求められます!自分でやろうと思っても簡単にはできないですね(笑)

ブロック塀を見る機会があれば見てみてください。

また次回現場について紹介させていただきます。

一覧へ戻る