【注目】間取りを決める際の3つのポイント👆

2020年5月7日

みなさん、こんにちは(/・ω・)/

一宮市、稲沢市を中心に高性能低価格の注文住宅を手掛ける細田建築です♪

 

さて、本日はこれから家づくりをお考えの方必見!

間取り決めの際に気を付けたい

3つのポイントについてお話しさせていただきます!

 

注文住宅の醍醐味ともいえる間取り決め。

しかし、ただ何となく居室やサニタリー、廊下や階段、

バルコニーを配置するだけではありません。

 

家事にかかる時間や手間、家の構造、

換気、採光など多くのものが、配置によって大きく変わってきます。

 

せっかく、無駄なくコンパクトに間取りが収まっても通気が悪かったり、家事がしにくいなーと

思ったりしながら、ずっと生活していくのは嫌ですよね💦

 

そうならない為には、【動線】を意識して間取りを決めていかなければいけません。

動線とは何かが自然に動く時に通ると思われる経路を線であらわしたもので

意識しなければいけない動線は3つ、人の動線、太陽の動線、風の動線です( ゚Д゚)

 

人の動線とは、主に家事動線のことで、例えば毎日のように行う洗濯の作業のうち、

干す、畳む、片づけるの動線が短いと必然的に動く量が減り、負担が減ります。

キッチンの近くなら尚よいかもしれませんね(/・ω・)/

 

 

2つ目は太陽の動線。日当たりを考えようということです☀

太陽は東から昇り、少し南に傾いた状態で西に沈んでいきます。

 

夏は東からほぼ真上を通って西に沈んでいきますが、冬になれば南の傾きは強くなり、

南面からの日光がたっぷり家に差し込みます。

寒い冬には、出来るだけ太陽光を部屋の中に取り込みたいため、南側に

多く部屋を設けたり、逆に北側はそこまで採光のいらない洗面やお風呂や納戸を

配置したりするのが理想的です♪

 

3つ目の風の動線は、家の中の空気が動くように風通しを考えましょう!

 

今は、昔と違って気密、断熱性に優れた家が多い為、家の中の空気があまり動きません。

そのため、自分でこまめに換気していくことが大切であり、

そのためには建築場所周辺の建物や距離、風向きを考慮して窓の大きさ、

種類を決めることが重要になるんです(/・ω・)/

 

このように、間取り決めで注意しなければいけないことがたくさんあり、

家が完成した後となっては、後の祭り、取り返しがつきません。

 

本日ご紹介した他にも、間取りを決める際に気を付けなければいけない事は多くあります。

 

少しでも多くの情報を知り、自分たちに合った家づくりをされることが成功のコツです♪

弊社では無料相談も行っております。

家づくりに関して分からないこと、困っていることがあれば、

お気軽にご相談ください(´・ω・)

 

それでは、素敵な家づくりライフを☆彡

一覧へ戻る