ブログ

2019年9月22日

永井の知っ得~屋根工事~

みなさんこにゃにゃちは😼

涼しい夜風が家に入ってきてなおエアコンを入れる愚者、工務の永井です

 

さて本日は屋根工事について書かせて頂きます

みなさん屋根には色々種類がありますがご存知でしょうか?

一般住宅では主に瓦屋根、金属屋根(ガルバリウム鋼板など)スレート屋根、アスファルトシングル…

などなどと実に種類が豊富です

いったいどの屋根材が良いのかわかりませんよね~(;^ω^)

なので今日はいろんな屋根材を各観点からメリットデメリットを見ていきましょう

それではまず瓦屋根ですが…

  ←日本の代表的な屋根ですね

瓦屋根の特徴は重量が重いです。重いということは揺れ、やすいということです

そして屋根を支えている柱に負荷が大きくかかります

その分、断熱性が高く強度も強く、メンテナンスはほぼ不要です

次にスレート屋根ですが

 ←こちらも良く見かける屋根材ですね

カラーベストなんかと呼ばれたりもします

この屋根材は軽く地震で揺れにくいです。そして安い!

ただ寿命が短く割れたり、塗料が剥がれたりしますので

約10年毎に塗装のメンテナンスが必要になってきます(;^ω^)

他の良く見かける屋根と言えば金属屋根です

  よく使われるのはガルバリウム鋼板です

ガルバリウム鋼板の屋根はとにかく軽い、です

瓦屋根の8分の1から10分の1

軽いと紹介したスレー屋根の3分の1程度です!

耐久性も高くメンテナンスも不要ですが熱や音を入れやすいんです

日差しの熱が屋根下にこもりやすく雨音なんかも気になるかも….

 

どんな屋根にも一長一短があります

大事なのは屋根の種類を決める際に「何を重要視するか」です

耐震性を重要視するなら軽い金属屋根。

和風な外観にしたいのなら瓦に

コストを抑えたいのならスレート屋根。

注文住宅ではどんな屋根材を使うかも自分で決めることが出来ます

これから家づくりを考えていらっしゃる皆様、

家に使われる材料の性能を勉強するとより一層家づくりに対する想いが

強くなるのではないでしょうか(´・ω・)

 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る