健やかくん~伝統的な和室からモダンな空間まで~

2020年11月26日

みなさん、畳と聞くとどういったイメージが湧きますか?

 

畳はイ草で出来ており、和室で使われるもの

自然素材のため光によって変色をし、水などにも弱い

=和室というイメージがあり洋室には向かない

 

などといったイメージが強いのではないでしょうか。

 

今回、ご紹介させていただく畳は大建というメーカーから発売されている、

【健やかくん】という畳です。

 

 

こちらの商品の特徴はまず、なんといっても畳なのにイ草でできていないということ。

では、一体何でできているのか

 

 

なんと“和紙で出来ているんです!

 

この、機械すき和紙で畳を作ることで、大きく4つのメリットが挙げられます。

 

健やかくんの4つの特徴

 

カビの発生やダニの増殖は、イ草に比べてわずか

 

イ草の場合、湿度が高い状態が続くとカビが生える可能性があり、カビをエサとするダニが発生しやすくなります。

それと比較し、健やかくんは機械すき和紙でできているため、カビの発生はわずかとなります。

 

お手入れ簡単、キレイが続く

 

イ草は、みなさん知っての通り、はじめは緑色をしていますが、光によってだんだん茶色っぽい色へと変色していきます。それが畳の良さでもあるので、変色しない方が良いというわけではないですが、健やかくんは和紙で出来ているため、時間が経っても美しさを保ちます。

また、表面に撥水性もあり、水分や汚れがしみ込みにくいといった特徴もあります。

 

引っ掻いても、傷つきにくい

 

イ草は自然素材の為、長年使用していると、表面にささくれが出てきたりするのですが、健やかくんは、それと比較し表面はほとんど傷つかず、美しさを保ちます。

 

コーディネートも自由自在

 

健やかくんはカラーバリエーションも豊富で、人気なシリーズでは青っぽい色や、真っ黒、ピンクなど、そんな色があるの!?という色も含めて15色の展開があります。また、シリーズも多く、色々なデザインから選ぶことも可能です!

 

例えば、青や黒、ピンクなどといった畳をヘリなしでLDKや洋室に敷けば、洋風なお部屋にマッチした畳コーナーの演出も可能となり、コーディネートの幅が一気に広がります!

 

 

みなさん是非とも、この“健やかくん”、一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

 

一覧へ戻る